BUURTZORG
COLLEGE
Buurtzorgを学ぼう

OMAHA SYSTEM

オランダのBuurtzorgが基幹アセスメントに採用した、国際的に再最注目されている、オランダ政府の保険給付対象の公式アセスメントです。

オマハシステムは1970年代に米国中部のネブラスカ州オマハ市の訪問看護協会により開発された看護診断(アセスメント・記録・評価方式)の一つです。
そのオマハシステムは以下のような特徴を持っております。

1.『全人的に関わることを可能にします』(地域看護に適している)
2.『看護の実践の見える化を可能にします』
3.『地域看護実践の質の評価の可視化を可能にします』

これらの特徴は今の日本の地域包括ケアシステムに見事に適合していると言えます。
看護師が主治医の指示書による看護→から→なぜ介入するのか自身の理解と考え(理由)に基づく看護を実践できます。結果は一緒でもプロセスが違います。『看護師のやりがい』

1.医療(治療)からではなくクライアントの生活課題から出発することによりクライアントをより『全人的に関わることを可能にします』(地域看護に適している)。
2.生活課題→介入→成果まで一元化されており『看護の実践の見える化を可能にします』。
3.コミュニティーケアやセルフケアの視点を含む指標としてクライアント(利用者)のアウトカムに焦点をあてた『地域看護実践の質の評価の可視化を可能にします』。